ハヤカワSFの1000は『2001年宇宙の旅』、ハヤカワJAの1000は『百億の昼と千億の夜』だったそうです。

なんとなく澁澤龍彦『少女コレクション序説』をパラパラしていたら、『潤一郎ラビリンス』という谷崎潤一郎の叢書が出ていたことを知った。うへー、欲しいなぁ。

ところで、久生十蘭と一緒に、本棚から行方不明になっていた谷口裕貴『ドッグファイト』を買い直したのですよ。これ、新人賞の作品なのにあのお方の表紙絵なのよね。贅沢ですな。
なお、この人の作品はぼくはすべて大好きなのですが、書籍としてかたちになったのは、これのほかには1冊のみ。しかも徳間デュアル文庫という…。あとはSF Japanに掲載された短編がいくつかあるだけで、その後はたしか書店の店員を続けているとか。。

とゆわけで、こんなものを大人買いしたのです。さっき届いてヒャッホイしてます。

北海道東川町にアイツがいるのか? と思ったら、こっちはサイモン・ペッグ。ペとベの違いか。

このお方、好々爺感がにじみ出ているけど、悪人やらせたらすっごい不気味なのよね。大好きだった。

FargateのコストがSavings Plansに切り替わったの図。

もっと見る
m.eula.dev

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。