『都市』『人狼理論』『シリウス』『ドッグファイト』の並びとか、最高すぎる。

フォロー

テイルチェイサーの歌 | 猫本専門書店 書肆 吾輩堂 | オンラインショップ wagahaido.com/shopping/archive

「ぼくの名はテイルチェイサー。偉大なる猫一族の末裔。これといった取柄もない平凡な猫。そんなぼくに大きな異変がおとずれた。ほんの何日かの間に愛しい牝猫ハシュパッドを含む数匹の仲間が、前ぶれもなしに行方をくらましたのだ。集まった長老たちは自力で解決する方法を見いだせない。業を煮やしたぼくは、ひとりハシュパッド探索の旅に出ようと決心した。だが森へ足を踏み入れたぼくを待ち受けていたのは、地上制覇をもくろむ邪悪な存在だった。…伝承の歌に彩られた猫族の世界を舞台に若き英雄の成長をみずみずしく謳い上げる傑作冒険譚。」

えーやだーおもしろそうー! あと、ここの書店さんも素敵すぎるー!

· · SubwayTooter · 1 · 1 · 2

@eulanov 初めまして
テイルチェイサーの歌と天界の馬は、ウォーターシップダウンのウサギたちの流れをくむとされる動物ファンタジーものですね
ケモナーで動物作品が好きなので読みたくて買いましたが、なかなか積読が消化できていない感じですね…
シリウスもドッグファイトもシマック作品もその流れで購入したものです
個人的に谷口裕貴氏の作品は「貂の女伯爵、万年城を攻略す」が凄くよかったので気に入っています
あとは藤崎慎吾氏とか津久井五月氏がお気に入りです

@TSMoon56 ほぉぉぉ、『ウォーターシップダウンのうさぎたち』のことを知らなかったので調べてみてむちゃくちゃおもしろそうなので興味を惹かれてしまいました。読んでみます。谷口裕貴についてはあまりにも好きすぎるのでどの作品も冷静に評価できないのですが、強いて挙げれば「獣のヴィーナス」が大好物です。近々シリーズ短編集が出るということなので楽しみで楽しみで。
(というか、谷口裕貴の名前が他の人の口から出てくること自体がぼくにとっては奇跡的、とか思ってしまいました。いままでが不遇すぎた…)
藤崎慎吾と津久井五月は、…積読のままです。特に藤崎慎吾は気になりまくっていろいろ集めているのですが、そのぅ、厚くてですね…

@eulanov ウォーターシップダウンのウサギたちは、姿かたちは原型のまま、野生のウサギたちが彼らなりの神話を持っているというファンタジー交じりの世界観でおすすめですね
逆に自分は獣のヴィーナスにまだ手を出していないので、いずれ出るらしい?短編集に期待しています
藤崎慎吾氏はレフト・アローンという短編集も出している(うち2編は長編のスピンオフや姉妹篇)のでそちらから手を出してもいいかもですね
津久井五月氏は…こちらのプロフィール欄に3作、Web上で公開されている短編へのリンクがあるのでそちらで吟味してもいいかもですね
fanbox.cc/@tsukkuny
長々と失礼しました!

@TSMoon56 『レフト・アローン』かしこまりです。あと、津久井五月の短編の紹介ありがとうございます。参考にします!

ログインして会話に参加
m.eula.dev

Mastodonは、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。